太陽光発電ファンドの投資

太陽光発電の投資は大きく分けて2つあります。太陽光発電ファンドでの投資運用・個人で商業用太陽光発電を運営するかとなり、ファンドでの投資の場合、まずは投資先をどこにするかが重要となります。利回りだけで選ぶのはお薦めできません。年間の発電率などが重要となってきますので、できるだけ多くの投資ファンドから資料を集めて検討することです。当然メリットの多い投資となっていますが、リスクもあることは事前に調べておきましょう。


個人で商業用太陽光発電を運営する場合

個人で太陽光発電を運用する場合、一番ネックになるのが資金です。一般の銀行ですと、まだ十分なデーターが蓄積されていないために太陽光発電投資にかかる資金の融資を渋る銀行が殆どです。十分な担保を所有していないと融資は難しいと思ってください。銀行での融資を望めない場合は日本政策金融公庫などが比較的に借りやすくなっていなす、次に重要なのが土地の場所と方角です。土地は広いのに十分な日光が当たらないと収益が望めないので、周りに木や建物が少なく日当たりの良い場所がお薦めです。


太陽光発電投資のリスク

メリットの多い投資ですが、当然リスクもあります。自然が相手なので予測が難しく天候や日照時間にで発電量が大きく変わること。地震や台風などでパネルが破損して発電量が減ったりと自然的なリスクが大きいです。その他、電気会社により買い取りの制限がかかる場合もあります。このようにリスクも多々ありますので、投資する前に年間発電量や、その他リスクなどを調べておくことが重要です。事前にリスクを知ることで回避することもできます。



太陽光発電投資は、土地と太陽光発電装置のセットで売り出している物もあるので、土地を持っていない投資家の方やサラリーマンでも出来ます。